二世帯住宅に住み替える前にマンションを希望価格で売却できた

都心部のマンションを売却して母親の老後の費用にできました

両親が退職金で購入した都心部にあるマンションですが、昨年に父親が亡くなり母親が高齢者専用福祉マンションに移住することとなり、売却することにしました。既に自分は別の場所にファミリー向けの分譲マンションを購入しており、相続した場合にも面倒なこととなりそうなため、売却した価格で母親にはグレードの高い高齢者施設に入ってもらおうということで同意ができたため手続きを進めました。 比較的立地条件が良い場所で、間取りも2LDKという人気があるものだったこと、大手ディベロッパーのマンションであったことも手伝い、不動産会社の見積もりを出してもらったところ思っていた以上の高額査定が出されました。複数の会社から売却額の見積もりを出してもらい、その中でも特に高く査定していただいた会社への売却を決定しました。 想定していたよりもかなり高額で売却できたため、母親の転居費用やその後の生活を支える上での貴重な資金となりましたのでとても助かりました。私達夫婦も将来的な介護の心配もなくなり、母親が気楽で快適な暮らしを続けられるという安心感も得られましたのでとても良かったです。しっかりとした査定を行ってくださった不動産会社の方には、とても感謝しています。

二世帯住宅を建てるためマンション売却立地も良く綺麗な物件だったため高価格で売却不動産の売却には信頼できる不動産業者選びが大切都心部のマンションを売却して母親の老後の費用にできました